NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍。ドラマ・雑誌の制作協力が経験豊富。
留学・海外赴任者16,000名の受講実績 & 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績。
お問い合わせ:0120-955-224 法人向け社員研修
海外赴任・留学・資格に強い外国語教室・スクールの、アイザック外国語ニュース
外国語スクール海外赴任About ISAAC企業英語TOEIC研修グローバル研修海外留学リオ・オリンピック語学検定資格

「ヴィジョンとコンセプトの関係」グローバルリーダーシップ研修No1講師が語る

「ヴィジョンとコンセプトの関係」グローバルリーダーシップ研修No1講師が語る

2025万博誘致を構想している大阪のテーマは?

 大阪は、2020年開催の東京オリンピック後の2025年に万博誘致を構想している。そのテーマは「超高齢化社会をどう豊かに生きていくか」だそうだ。経済界で高い評価を受ける某著名人がテレビ討論会で、「テーマは重要ではなく、コンセプトが重要なのです」と語っていたのが耳に残った。

忘れられている東京オリンピックのテーマは?

 現在、東京オリンピックのボート・カヌー競技場を巡って、都内の会場建設費が高騰しているのを受け、宮城県の候補地が検討されている。東京都の小池知事は「五輪誘致のテーマとして、東日本大震災からの復興があった」と言及し、宮城県開催の意義を強調した。

 そもそも五輪の東京誘致で掲げたテーマを知る日本国民は、今でも少ない。むしろ注目しているのは、世界に誇れる立派な施設や、レガシーという名の五輪後も継続して使える記念すべき立派な施設を残すこと、五輪のもたらす経済効果などで、テーマへの関心は低いだけでなく、復興五輪というテーマは完全に忘れられているのが実情だ。

ヴィジョンとは?コンセプトとは?

 一般にヴィジョンは、将来のあるべき姿を描いたもの、見通し、追求する理想、目指す方向性であり、コンセプトは、そのヴィジョンを実現する具体的構想、プロジェクトのあり方を言う。五輪や万博の「テーマ」は、どちらかと言えば、ヴィジョンに近いもので、具体化するコンセプトは、例えば「皆が興奮する五輪」とか、「楽しめる万博」などとなる。

 ヴィジョンは、それのみでは言葉だけで具体像は見えない。コンセプトがあることで具体的構想となり、目に見える形での結果をもたらす。「社会貢献」はヴィジョンであり、「流通業を通して、物の安全で迅速な輸送、消費者へ確実に届けることを通じて社会貢献する」というのはコンセプトになる。

 言い換えれば、「大切にする価値観」(ヴィジョン)を「何を提供するか」(コンセプト)で具現化するわけだ。つまり、両者は表裏一体の心と体の関係にある。ところが日本人はコンセプトには関心があっても、ヴィジョンに関心がない。手段が目的化しやすく、時にはコンセプトの変更でヴィジョンをも平気で変更してしまうこともあるくらいだ。

五輪の組織員会からビジョンとコンセプトは聞こえてきているのか?

 冒頭で指摘した「テーマは重要ではなく、コンセプトが重要なのです」は、その典型とも言うべき発言だ。魂を入れないで、全て形から入るという発想だ。この主客転倒は今、日本のリーダーシップのあり方を揺るがし、組織のガバナンスに致命的ダメージを与えている。それは政治、行政、ビジネスなど、ありとあらゆる場で欠陥として作用している。

 五輪の組織委員会のトップの森会長から、東京五輪のヴィジョンを聞くことはほとんどない。体に属するシンプルなお金のかからない五輪というコンセプトに属するものでさえ、吹き飛んでしまっている。ヴィジョンもコンセプトも忘れ去られている状態だ。

 半世紀前の東京五輪には、敗戦後の戦後復興から高度経済成長に移行する時代の国民の向上心と五輪精神が一致し、国民は語らずとも再生した日本を世界に示すヴィジョンを共有できていた。しかし今回は価値観の共有が難しい。だからこそ、魂であるヴィジョンの繰り返しの明示とコンセプトを明確にすることが求められているのだが、それは極めて希薄だ。

 ロンドン五輪は成熟した西欧ヒューマニズムを顕現させ、特に障害者に大きなスポットが当てられた。リオ五輪は南米初のオリンピックに意味があった。では東京はどうなのか。ヴィジョンもコンセプトも聞こえてこない。

コラム56 10・16・2016記

法人向けレッスンへの
お問合せ

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語教室・スクールTOEICスクール・教室 法人向けレッスン

東後勝明先生からの推薦文Message


 アイザックは、長年語学教育に携わった私から見て、本当に理想的なシステムになっていると確信します。その際立った特色は3点あります。

 第1に、会話の短期上達を目標に“十分な会話の量”を重要視し、確保していることです。そのためには、コミュニケーション重視の出来る限り少人数のクラス、あるいはマンツーマンレッスンを提供しています。

 第2は、カリキュラムについてですが一つの理念と方法に特化するのではなく、目的に応じて、その目的に最も相応しいものを適宜選び取り進めているころです。

 第3に多言語への広がりを重視し、今や「英語は当たり前」もう一つは「現地語」の時代です。英語に限らず様々な言語について資格試験を行っていますが、アイザックではTOEIC(R)、TOEFL(R)対策など、カンパニーレッスンはもとより、受験、就職向けにレベルに合った対策を行っています。

 そして、三つ目の特色は、たぐいまれに見る優れた講師陣です。私が講師研修などでお会いした講師の皆さんは日本語も堪能で、豊かな人間性と教養の持ち主で、教えることを自分の大切なミッションと考えている人ばかりでした。

 その様な訳でアイザックは時代の要請にあった素晴らしい本格的な総合語学教育機関です。

東後勝明先生
アイザック語学教育特別顧問
東後勝明

兵庫県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学専攻科修了。ロンドン大学大学院教育研究科修士課程修了、博士課程修了。英語音声学、英語教育学専攻。早稲田大学教授、2008年定年退職、名誉教授。1972年~1985年9月、NHKラジオ「英語会話」の講師。英語学・英語教育に関する著書30冊以上。

メディア掲載情報Media Infomation

アイザックのメディア掲載情報

アイザックは、テレビドラマ・ドキュメンタリーへの制作協力経験が豊富です。

また、数多くの雑誌や新聞にも取り上げられています。

→ メディア掲載情報はこちら

受講生の声Student Voice

アイザック-受講生の声

アイザックは、受講生の方々から高い評価を頂いております。

受講生の方々のご感想や講師との記念写真をご確認ください。

→ アイザック受講生の声はこちら

アイザック講師紹介About Teacher

アイザック講師紹介

アイザックには、NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍しています。

日本語が堪能なネイティブスピーカー講師が、言語だけでなく、その国の風習・文化についても丁寧に教えます。

→ アイザック渋谷校の講師紹介

→ アイザック名古屋校の講師紹介

→ アイザック大阪校の講師紹介

法人向け研修Business Persons

アイザック法人向け研修

アイザックは留学・海外赴任者16,000名の受講実績 並びに 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績がございます。

→ アイザック法人向け研修はこちら

お問合せInquiry

お問合せ・無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。

無料体験レッスン ご予約フォーム
必須お申し込み先         
必須ご希望言語(コース)
必須お名前
必須ふりがな
必須携帯電話番号
必須メールアドレス
任意無料体験レッスンご希望日
第一希望:  
第二希望:  
※ 土曜日は17:00までとなります。
任意ご要望・ご質問 ご自由にご記入ください。
任意ご職業     
任意アンケート どのようにしてアイザックをお知りになられましたか?