NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍。ドラマ・雑誌の制作協力が経験豊富。
留学・海外赴任者16,000名の受講実績 & 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績。
お問い合わせ:0120-955-224 スクール一覧・アクセス
外国語スクール5日間短期集中講座TOEIC(R) L&R TEST 勉強法言語海外赴任About ISAACビジネス英語研修グローバル研修

アマゾンCEOのライフスタイル

アマゾンCEOのライフスタイル

今や世界一の富豪といわれる米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の話は示唆に富んでいる。特に意志決定者としての発言として「1日3つの良き決断ができるよう心がけている」との言葉は興味深いし、日本の経営者との違いは歴然としている。

  米首都ワシントンのエコノミック・クラブが913日主催したイベントで、約1400人の聴衆を前にベゾス氏は、まず自分の日常について語った。

 10時前には会議の予定を決して入れないようにしていることと、夕方5時には帰宅するよう心がけていることを明らかにした。

 「早寝早起きして、朝はのんびり動き回るのが好きだ」と語るベゾス氏は「新聞を読み、コーヒーを飲んで子供と朝食を共にすることを好む」からだそうだ。「夕方5時までには帰宅の途に就くようにしている」と語り、さらに8時間は睡眠を取るようにしていると語った。

  理由は、すっきりした頭で正しい判断、良き決断が出きるようにするためだ。誤解のないようにいうが、自宅のガレージで本のネット販売を始めて、今やアップルに次ぐアメリカ第2の収益をあげ、50万人の社員を擁する企業経営者の話だ。結果がないのに、10時出社、5時帰宅だけ真似する経営者の話ではまったくなし、そうする資格もない。

  プライベートな時間を大切にしている理由をベゾス氏は「経営幹部の優先する仕事は、限られた数の質の高い決断を下すことにあるからだ」と説明している。「より良い思考ができ、エネルギーも高まり、気分もよくなる」と彼は言う。そしてベジス氏は「1日に3つの良き決断を下せれば、それで十分だ」といい、「とにかく自分にとって可能な限り質の高いものでなければならない」と語っている。

  経営幹部が判断を誤れば、どんな優秀な社員を何人抱え、どんな優れた技術を持った会社といえども、成果を上げられず、社員は日々の業務で消耗し、報酬は上がらず、会社も低迷することになる。逆に優れた経営幹部は社員一人一人のスキルを引き出し、短時間で大きな成果を出せるように業務設計する。

  トップダウンなアメリカ型の意思決定は、コンセンサス重視の合議制の日本型意思決定スタイルとは違い、リーダーに対する考え方もかなり違

う。だからといって中央集権的なフランスなどとも異質だ。ベゾス氏がいう「決断」は、経営判断を下すものだが、適切な判断を下すには、常にリフレッシュされた頭脳が必要という話だ。

 ベゾス氏は自社の株価についても言及している。短期的な株価の上げ下げに一喜一憂するのは時間の浪費だと社員には教示しているそうだ。つまり、本当の企業価値は長期的評価で得られるものという哲学だ。そして「いかにスタートアップ精神を維持するかを大切にしたい」「大企業ではあるけれど、小さな会社のような心と精神を保ちたい」と語っている。

  その小さな会社の心とは、常に顧客や消費者と向き合い、彼らが何を望み、何を必要としているのかを考えながら、真摯にビジネスに望む謙虚な姿勢だ。今は子供の教育分野での新事業に取り組んでいるという。

  先行きが見通せない今の世界を前に正しい経営判断を下すことは容易ではない。良き決断のために柔軟で自由な思考、ビジネス的直感を研ぎ澄ますために何をすべきかは個人差もある。しかし、謙虚さを忘れず、常に新鮮な心を持ってビジネスに取り組む姿勢には見習うべきものがありそうだ。

 コラム80 9・25・2018記

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語教室・スクールTOEIC® L&R TEST
スクール・教室
法人向けレッスン
TOEICオンラインLIVE

東後勝明先生からの推薦文Message


 アイザックは、長年語学教育に携わった私から見て、本当に理想的なシステムになっていると確信します。その際立った特色は3点あります。

 第1に、会話の短期上達を目標に“十分な会話の量”を重要視し、確保していることです。そのためには、コミュニケーション重視の出来る限り少人数のクラス、あるいはマンツーマンレッスンを提供しています。

 第2は、カリキュラムについてですが一つの理念と方法に特化するのではなく、目的に応じて、その目的に最も相応しいものを適宜選び取り進めているころです。

 第3に多言語への広がりを重視し、今や「英語は当たり前」もう一つは「現地語」の時代です。英語に限らず様々な言語について資格試験を行っていますが、アイザックではTOEIC(R)、TOEFL(R)対策など、カンパニーレッスンはもとより、受験、就職向けにレベルに合った対策を行っています。

 そして、三つ目の特色は、たぐいまれに見る優れた講師陣です。私が講師研修などでお会いした講師の皆さんは日本語も堪能で、豊かな人間性と教養の持ち主で、教えることを自分の大切なミッションと考えている人ばかりでした。

 その様な訳でアイザックは時代の要請にあった素晴らしい本格的な総合語学教育機関です。

東後勝明先生
アイザック語学教育特別顧問
東後勝明

兵庫県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学専攻科修了。ロンドン大学大学院教育研究科修士課程修了、博士課程修了。英語音声学、英語教育学専攻。早稲田大学教授、2008年定年退職、名誉教授。1972年~1985年9月、NHKラジオ「英語会話」の講師。英語学・英語教育に関する著書30冊以上。

メディア掲載情報Media Infomation

アイザックのメディア掲載情報

アイザックは、テレビドラマ・ドキュメンタリーへの制作協力経験が豊富です。

また、数多くの雑誌や新聞にも取り上げられています。

→ メディア掲載情報はこちら

受講生の声Student Voice

アイザック-受講生の声

アイザックは、受講生の方々から高い評価を頂いております。

受講生の方々のご感想や講師との記念写真をご確認ください。

→ アイザック受講生の声はこちら

アイザック講師紹介About Teacher

アイザック講師紹介

アイザックには、NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍しています。

日本語が堪能なネイティブスピーカー講師が、言語だけでなく、その国の風習・文化についても丁寧に教えます。

→ アイザック渋谷校の講師紹介

→ アイザック名古屋校の講師紹介

→ アイザック大阪校の講師紹介

法人向け研修Business Persons

アイザック法人向け研修

アイザックは留学・海外赴任者16,000名の受講実績 並びに 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績がございます。

→ アイザック法人向け研修はこちら

お問合せInquiry

お問合せ・無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。

資料請求

各種資料のPDFを、メールにてお送りします。お問合せ先のスクールを選択してください。

各種資料を郵送にてお送りします。最寄りのスクールを選択してください。

体験レッスン

最寄りのスクールを選択してください。