NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍。ドラマ・雑誌の制作協力が経験豊富。
留学・海外赴任者16,000名の受講実績 & 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績。
お問い合わせ:0120-955-224 スクール一覧・アクセス
外国語スクール5日間短期集中講座TOEIC(R) L&R TEST 勉強法言語海外赴任About ISAACビジネス英語研修グローバル研修

間接教授法とダイレクトメソッドのメリット、デメリット

間接教授法とダイレクトメソッドのメリット、デメリット

海外赴任や留学などで、短期間で外国語を習得する必要がある場合、スクールに通ってプロの語学講師から教わることが近道といえるでしょう。

しかし、様々な語学スクールがあり、自分に合ったスクールはどれなのか迷ってしまいますよね。

マンツーマンか、クラス制か、選べるスクールもありますが、スクールによっては、一切日本語を使ってレッスンを行わないダイレクトメソッドを取り入れている所もあります。一方で、流暢な日本語を使いながら外国語も織り交ぜつつネイティブ講師がレッスンを行うスクールもあります。ダイレクトメソッドと、バイリンガルでのレッスン、それぞれメリット、デメリットがあります。バイリンガル講師のレッスンを長年続けてきた、アイザック外国語スクールでのレッスンの経験と実績を踏まえながら、ご紹介していきます。

 

ダイレクトメソッドとは?

ダイレクトメソッドとは、「直接教授法」と呼ばれ、外国語で外国語を学び、理解する学習方法のことです。反対に、アイザック外国語スクールで行っているのは「間接教授法」という、日本語(母国語)で外国語を理解する学習方法です。日本の英語教育は間接教授法なので、まず日本語で考えてから英訳するというプロセスが身についている方が多いでしょう。日本語脳のまま、英語を理解する間接教授法に比べ、直接教授法では、英語でダイレクトに理解するため、英語脳が育ち、自然と英語を英語のまま理解する力が身に付きます。


ダイレクトメソッドのメリットとデメリット

<メリット>

 ダイレクトメソッドの場合、ネイティブ講師から日本語を使わずに、学びたい言語をその言語のみで教わるので、日本語で理解してから外国語に訳すというプロセスを省き、どちらかと言うと外国語に対する苦手意識が薄れます。特に英語を学ぶ際は、学校で学んできた英語の基礎がある程度できているので、ダイレクトメソッドで自然に英語を身に着けやすいというメリットがあります。

 いちから学ぶ言語でも、何を言っているか分からない難しい言葉を使って説明するのではなく、ジェスチャーやイラスト、シチュエーションなどを活用して、その言語で単語の意味や使い方を学んでいきます。

 ダイレクトメソッドでの学び方は、赤ちゃんが言語を身に着ける方法と似ています。赤ちゃんは周囲の大人が話す声や、聞こえてくる音を聞き、それを真似て発声し、相手の反応を見て、言葉を覚えていきます。

例えば、よく最初に口にするといわれる「ママ」ですが、ママ本人が自分のことを「ママ」と言っていたり、他の人からママと呼ばれて返事をしていたりするのを見て、誰が「ママ」なのかを理解します。そして、自分でも「ママ」に似たような音を発声し、ママが反応することで、「ママ」という言葉の意味を理解していきます。

このように、外国語でダイレクトに単語を学び、シャドーイングという発声をしながら、意味を理解していきます。まだ日本語脳が定着していない幼児期から外国語を学ばせるのであれば、ダイレクトメソッドは有効的に働き、小学生でも英検1級をとれるほどの実力を身に着けることも可能です。

 

<デメリット>

 子供は、左脳と右脳をつなぐ脳梁が未発達なので、右脳と左脳がまだ完全に分離されておらず、左脳も右脳も同じ機能を持っているため、聞いた情報をストレートに学び取っていくことができます。1歳を過ぎたころから脳梁ができ始め、6歳ごろまでには太い脳梁となり、左脳と右脳は分離し、それぞれ役割を担うようになります。

完全に左脳と右脳が出来上がっている大人がダイレクトメソッドで外国語を学ぶ際は、かなりの時間を要します。赤ちゃんが母国語を身に着けるように、常に母国語を話す人がそばにいて話しかけてくれる環境を作るのは難しいですよね。外国語で理解し、話すエッセンスを取り入れたものがダイレクトメソッドと呼ばれる学習法になり、ある程度外国語の基礎ができている場合は大人でも有効的な方法として取り入れているスクールがあります。

ただ、英語以外の触れたことがない外国語をいちからダイレクトメソッドで学ぶ場合はハードルが上がります。簡単なひとつの単語や名詞程度ならそれほど苦労しなくてもできるかもしれませんが、言語学習に必要不可欠な文法となるとダイレクトメソッドで教えることは難しいです英語のダイレクトメソッドでも文法を学ぶ際は相当な英語理解力が求められます。

 

間接教授法(バイリンガル講師)のメリット、デメリット

<メリット>

 英語以外の新しい言語を大人が学ぶ場合、その言語の特徴や発音、そして文法(言語構造)をしっかりと学ぶことが重要です。アイザック外国語スクールでは、マンツーマンでバイリンガル講師から、まず日本語で言語の基礎や文法を学びます。そして、徐々に日本語での説明を減らし、ダイレクトに言語を学んでいきながら理解していくという学習法を取り入れています。

いちから学ぶ言語では、日本語で説明のできる、バイリンガルのネイティブ講師の存在が重要です。さらに、そのようなネイティブ講師は過去に外国語である日本語を学習したという経験から、母国語と日本語との文法的な違いを的確に(最短距離で)説明することが出来るため、特に3か月から半年の短期間での学習を望むのであれば、間接教授法とダイレクトメソッドを取り入れたバイリンガル講師のレッスンがオススメです。

 

<デメリット>

日本の英語学習のように、まず日本語で考えてから、外国語に訳すという習慣が身に付く恐れがあるので、外国語でダイレクトに考える能力を身に着けにくいというデメリットがあります。また、スクールのレッスンの内容によっては、会話よりも文法を重視した読み書きを主に行うこともあるので、外国語会話のスキルが向上しづらいこともあります。

ただ、いったん文法のベースを築いたら徐々に外国語の割合を増やしていくなど、プロのバイリンガル講師の手法によってデメリットを克服することが可能です。各スクールのレッスン内容をきちんと把握し、間接教授法でも外国語会話が向上できるスクールを選択することも大切です。 

間接教授法(バイリンガル講師)の実績と経験のあるアイザック外国語スクールの特徴

アイザック外国語スクールでは、長年バイリンガル講師のレッスンを続けてきた経験と実績があります。外国出身でも日本語が流暢な講師や、日本人でもネイティブと遜色のない講師が在籍しており、マンツーマンでのレッスンを行っています。

単身赴任や留学のために短期間で外国語を学びたい生徒さんのために、それぞれに合った勉強の方法を提示し、親身になって目標達成を目指します。また、海外赴任で帯同するご家族のためのレッスンも行っているので、ビジネスや学校で使えるフレーズだけでなく、生活の中で使える言葉や、現地での生活、文化などについてもその国出身の講師がお伝えしています。

また、バイリンガル講師は自身も日本語や外国語を学んで身に着けてきた経験があるので、日本人が苦手とする点や、外国語を学ぶことの難しさなどを理解しています。自身の経験を踏まえてレッスンを行うので、生徒さんのつまずく箇所を理解してくれたり、モチベーションを上げるコツをお伝えしたり、生徒さんに寄り添いながら親身になってレッスンを行うことができます。講師との相性も大切にしているので、レッスンの前にスタッフが生徒さんとじっくり向き合い、生徒さんそれぞれに合った講師をマッチングします。

 

<アイザックのマンツーマンレッスンを受けた生徒さんの声>

実際に、マンツーマンレッスンを受けた生徒さんから嬉しい声が寄せられています。

 ●英語のレッスンを受けたAさん

 大学2年生の時、アメリカ留学を決意し、3ヶ月間スクールで英語を学んでから、留学に行くことにしました。ダイレクトメソッドで有名なスクールにしようか悩んだのですが、アイザックでは、文法の難しいところは日本語で学べて、バイリンガルの先生と会話をしながら英語力を身に着けられることを知ってアイザックに決めました。苦手としていた文法はきっちりと理解でき、英会話は日本語で考えてから英語に訳すのではなく、先生と英語で会話をする練習を通して、ダイレクトに英語で会話できるようになりました。おかげさまで、自信を持ってアメリカに行くことができました。ありがとうございました。

●中国語のレッスンを受けたBさん

 会社の辞令で中国への赴任が決まり、中国語を学べるスクールを探していたところ、知人からアイザックを勧められました。知人はダイレクトメソッドを取り入れていたスクールに通っていたそうですが、基礎のできていない言語を学ぶにはハードルが高く、伸び悩んでいたところ、バイリンガル講師が教えてくれるアイザックと出会い、アイザックに通うことにしたといいます。基礎を日本語で教えてくれ、会話は中国語で鍛えられ、ぐんと中国語が上達したそうです。私もそれを聞いて期待を胸にアイザックに通うことにしました。知人の言う通り、日本語で基礎を教えてもらえたことで中国語にすんなりと入れ、先生と中国語で会話をすることで、自信に繋がりました。赴任先で戸惑いながらも、基礎ができていたので、現地でも自己学習を続け、徐々に耳を慣らしてより一層中国語が上達したように感じます。本当にお世話になりました。

●フランス語のレッスンを受けたCさん

 主人の赴任に帯同することになり、主人が会社で勧められたアイザックに私も通うことにしました。フランスはおしゃれなイメージで、憧れがあったので、フランス語を話せるようになることを想像するのはワクワクしました。ですが、フランス語の知識は皆無で、フランス語初心者が短期間で話せるようになるのは難しいのではないかと徐々に不安になっていきました。アイザックのスタッフさんに不安な気持ちを正直に話したところ、日本人だけどもフランスでの生活が長く、ネイティブのように流暢に話せる先生を紹介して頂きました。日本人の先生だったので、分からない点や、質問したいことをすぐに聞けて、ストレスなくレッスンを受けることができました。宿題が多くて大変でしたが、それも全部私のために作ってくれた課題だったので、作ってくださった先生のためにも頑張ってこなしました。また、フランスでの生活をイメージしやすいように教えて下さり、フランス語で買い物をしたり、観光地を巡ったり、現地での生活をリアルに思い描くことでモチベーションを上げてもらいました。いつの間にか不安はなくなり、主人とフランスでの生活を楽しむことができました。先生にはとても感謝しています。

 

短期間で語学を身に着けるなら、間接教授法がオススメの理由まとめ

1.語学の基礎である文法をしっかりと日本語で学べる!

日本語で文法を学ぶことで、短期間に言語の特徴、構造を捉えることができます。また、質問したいことがあればすぐに日本語で伝えて、日本語で答えてくれるので、ストレスなくレッスンを受けることができます。

2.講師も外国語を身に着けた経験者だからこそ、生徒さんに親身に寄り添ってくれる!

外国出身の講師でも、日本人講師でも、母国語以外の言語を学習してきた苦労と困難を経験してきているので、日本人がつまずきやすい点などが理解でき、より分かりやすく説明してくれます。

3.バイリンガル講師なので、学びたい言語で会話力を伸ばしてくれる!

外国出身の講師はもちろん、日本人講師もネイティブ並みの実力があるので、基礎は日本語で学んでも、徐々に日本語を減らし、外国語でのレッスンを行うことで、その言語を耳に慣らし、会話力を向上させていきます。

また、レッスン内で、自己学習の方法もお伝えするので、現地に行っても現地の言葉をダイレクトに耳にしながら更に語学力をアップすることができます。

 

まとめ

ダイレクトメソッドと、バイリンガル講師から学ぶ間接教授法の違いはご理解頂けましたでしょうか。脳が未発達の子供のうちはダイレクトメソッドでも十分効果的ですが、大人になってからは、ダイレクトメソッドで論理的に言語の基礎となる文法を学ぶことは難しいです。しかし、大人の脳は、母国語をベースとした論理的思考力・理解力が発達しているので、この論理的思考力を活用すれば、かえって子供よりも早く、短期間のうちに言語を習得することが可能です。そのために、アイザック外国語スクールでは、基礎となる文法などは日本語で学習し、会話力を身に着けるために、日本語を徐々に減らしていき、その言語だけでレッスンを行うようにしています。

どのスクールにしようか悩んでいる皆さん、ぜひ、一度アイザック外国語スクールをご検討してみてください。体験レッスンも受け付けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語教室・スクールTOEIC® L&R TEST
スクール・教室
法人向けレッスン
TOEICオンラインLIVE

東後勝明先生からの推薦文Message


 アイザックは、長年語学教育に携わった私から見て、本当に理想的なシステムになっていると確信します。その際立った特色は3点あります。

 第1に、会話の短期上達を目標に“十分な会話の量”を重要視し、確保していることです。そのためには、コミュニケーション重視の出来る限り少人数のクラス、あるいはマンツーマンレッスンを提供しています。

 第2は、カリキュラムについてですが一つの理念と方法に特化するのではなく、目的に応じて、その目的に最も相応しいものを適宜選び取り進めているころです。

 第3に多言語への広がりを重視し、今や「英語は当たり前」もう一つは「現地語」の時代です。英語に限らず様々な言語について資格試験を行っていますが、アイザックではTOEIC(R)、TOEFL(R)対策など、カンパニーレッスンはもとより、受験、就職向けにレベルに合った対策を行っています。

 そして、三つ目の特色は、たぐいまれに見る優れた講師陣です。私が講師研修などでお会いした講師の皆さんは日本語も堪能で、豊かな人間性と教養の持ち主で、教えることを自分の大切なミッションと考えている人ばかりでした。

 その様な訳でアイザックは時代の要請にあった素晴らしい本格的な総合語学教育機関です。

東後勝明先生
アイザック語学教育特別顧問
東後勝明

兵庫県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学専攻科修了。ロンドン大学大学院教育研究科修士課程修了、博士課程修了。英語音声学、英語教育学専攻。早稲田大学教授、2008年定年退職、名誉教授。1972年~1985年9月、NHKラジオ「英語会話」の講師。英語学・英語教育に関する著書30冊以上。

メディア掲載情報Media Infomation

アイザックのメディア掲載情報

アイザックは、テレビドラマ・ドキュメンタリーへの制作協力経験が豊富です。

また、数多くの雑誌や新聞にも取り上げられています。

→ メディア掲載情報はこちら

受講生の声Student Voice

アイザック-受講生の声

アイザックは、受講生の方々から高い評価を頂いております。

受講生の方々のご感想や講師との記念写真をご確認ください。

→ アイザック受講生の声はこちら

アイザック講師紹介About Teacher

アイザック講師紹介

アイザックには、NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍しています。

日本語が堪能なネイティブスピーカー講師が、言語だけでなく、その国の風習・文化についても丁寧に教えます。

→ アイザック渋谷校の講師紹介

→ アイザック名古屋校の講師紹介

→ アイザック大阪校の講師紹介

法人向け研修Business Persons

アイザック法人向け研修

アイザックは留学・海外赴任者16,000名の受講実績 並びに 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績がございます。

→ アイザック法人向け研修はこちら

お問合せInquiry

お問合せ・無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。

資料請求

各種資料を郵送にてお送りします。最寄りのスクールを選択してください。

各種資料のPDFを、メールにてお送りします。お問合せ先のスクールを選択してください。

体験レッスン

最寄りのスクールを選択してください。