NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍。ドラマ・雑誌の制作協力が経験豊富。
留学・海外赴任者16,000名の受講実績 & 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績。
お問い合わせ:0120-955-224 スクール一覧・アクセス
外国語スクール5日間短期集中講座TOEIC(R) L&R TEST 勉強法言語海外赴任About ISAACビジネス英語研修グローバル研修

グローバルリスク管理はリスクオーナー教育から

グローバルリスク管理はリスクオーナー教育から

 毎年、世界の国ごとの平和度を指数化し、発表している経済平和研究所の「世界平和指標」のデータで、危険な国トップ30位以内に日本企業が次々に進出している実態が明らかになっている。思い出すのは北アフリカ・アルジェリアや東南アジア・バングラデシュで日本人がテロの犠牲になった事件だ。

 さまざまな角度から調査された2018年版の「世界平和指標 2018」では、世界163カ国を対象にした調査で、平和指数がワースト1位は内戦の続くシリア。ワースト30位内で日本企業が本格参入している国は、ロシアのワースト10位、トルコの15位、メキシコの24位、フィリピンの27位、インドの28位などだった。

 指標でワースト30位までの国は、アフリカ、中東、中南米に多い。たとえば、ワースト16位のアフリカ・ナイジェリアは、発展するアフリカの中で最も経済ポテンシャルが高い国の一つといわれていたが、イスラム過激派の反政府勢力による拉致事件などで危険度指数は高い国とされている。

 一方、日本企業が大挙して進出している中国はワースト51位、タイは50位で、けっして平和で安全な国とはいえない。特にタイは今や5,000社近くの日本企業が進出し、駐在員天国といわれるほど住み心地がいいといわれるが、南部にイスラム圏を抱え、テロも起きている。

 ちなみに平和指数が高いのは、上からアイスランド、ニュージーランド、オーストリア、ポルトガル、デンマークで、日本は経済規模の大きな国では最上位の9位だった。上位を占める欧米先進国の中にシンガポール8位、ブータン19位、マレーシア25位などが食い込んでいる。

 一方、同研究所が公表している「世界テロリズム指標 2017」では、イラク、アフガニスタン、ナイジェリア、シリア、パキスタンなどが上位を占め、フィリピン12位やタイ16位、フランス23位など日本との経済関係の深い国も30位内にランクインしている。

 そこで治安の悪い国に出張や赴任で社員を送り込む場合、事前にグローバルリスクを把握し、その対処法も学んでおく必要がある。相手国の政治・経済状況、対日関係、さらにリスクの対処のための政治家やキーパーソンとの人脈作りも確認していく必要がある。また、日本大使館、ジェトロなどの政府出先機関との連絡体制、本社と現地支社の緊急時対応マニュアルの必要だ。

 実は欧米企業に比べ、日本企業のリスクマネジメント意識は高いとは言えない。欧米企業の中にはリスク分析や対応を決定する安全対策マニュアル作成だけでなく、専任のリスクマネジャーを置いているケースもある。専門用語ではリスクオーナーと呼ばれるリスクに最も近い人物が解決の責任を追い、意志決定者するのが原則だ。

 遠い日本の本社からの指示待ちで動く日本企業は多いが、遠距離からのリスクへの適切な状況分析、判断、迅速な決断は難しい。鍵を握るのは現場にいるリーダー(リスクオーナー)ということになる。そのリーダーを日本本社がどこまで信頼できるかが現地の会社の命運を左右する。

 リスクマネジメントは、企業活動の中では、生産性には直接繋がらない反面、人材とコストを割く必要がある。しかし実際には、いったん危機に陥ると全てを失う可能性がある。豪雨対策のインフラ整備を怠れば、人命も多く失われるように、特にリスクの高い国外での対策にリスクオーナー人材を育て、体制を整えておくことが重要だ。

 

コラム78 7・13・2018記

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語教室・スクールTOEIC® L&R TEST
スクール・教室
法人向けレッスン
TOEICオンラインLIVE

東後勝明先生からの推薦文Message


 アイザックは、長年語学教育に携わった私から見て、本当に理想的なシステムになっていると確信します。その際立った特色は3点あります。

 第1に、会話の短期上達を目標に“十分な会話の量”を重要視し、確保していることです。そのためには、コミュニケーション重視の出来る限り少人数のクラス、あるいはマンツーマンレッスンを提供しています。

 第2は、カリキュラムについてですが一つの理念と方法に特化するのではなく、目的に応じて、その目的に最も相応しいものを適宜選び取り進めているころです。

 第3に多言語への広がりを重視し、今や「英語は当たり前」もう一つは「現地語」の時代です。英語に限らず様々な言語について資格試験を行っていますが、アイザックではTOEIC(R)、TOEFL(R)対策など、カンパニーレッスンはもとより、受験、就職向けにレベルに合った対策を行っています。

 そして、三つ目の特色は、たぐいまれに見る優れた講師陣です。私が講師研修などでお会いした講師の皆さんは日本語も堪能で、豊かな人間性と教養の持ち主で、教えることを自分の大切なミッションと考えている人ばかりでした。

 その様な訳でアイザックは時代の要請にあった素晴らしい本格的な総合語学教育機関です。

東後勝明先生
アイザック語学教育特別顧問
東後勝明

兵庫県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学専攻科修了。ロンドン大学大学院教育研究科修士課程修了、博士課程修了。英語音声学、英語教育学専攻。早稲田大学教授、2008年定年退職、名誉教授。1972年~1985年9月、NHKラジオ「英語会話」の講師。英語学・英語教育に関する著書30冊以上。

メディア掲載情報Media Infomation

アイザックのメディア掲載情報

アイザックは、テレビドラマ・ドキュメンタリーへの制作協力経験が豊富です。

また、数多くの雑誌や新聞にも取り上げられています。

→ メディア掲載情報はこちら

受講生の声Student Voice

アイザック-受講生の声

アイザックは、受講生の方々から高い評価を頂いております。

受講生の方々のご感想や講師との記念写真をご確認ください。

→ アイザック受講生の声はこちら

アイザック講師紹介About Teacher

アイザック講師紹介

アイザックには、NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍しています。

日本語が堪能なネイティブスピーカー講師が、言語だけでなく、その国の風習・文化についても丁寧に教えます。

→ アイザック渋谷校の講師紹介

→ アイザック名古屋校の講師紹介

→ アイザック大阪校の講師紹介

法人向け研修Business Persons

アイザック法人向け研修

アイザックは留学・海外赴任者16,000名の受講実績 並びに 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績がございます。

→ アイザック法人向け研修はこちら

お問合せInquiry

お問合せ・無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。

資料請求

各種資料のPDFを、メールにてお送りします。お問合せ先のスクールを選択してください。

各種資料を郵送にてお送りします。最寄りのスクールを選択してください。

体験レッスン

最寄りのスクールを選択してください。