NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍。ドラマ・雑誌の制作協力が経験豊富。
留学・海外赴任者16,000名の受講実績 & 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績。
お問い合わせ:0120-955-224 スクール一覧・アクセス
外国語スクール5日間短期集中講座TOEIC(R) L&R TEST 勉強法言語海外赴任About ISAACビジネス英語研修グローバル研修

優れたリーダーは爪を隠す

優れたリーダーは爪を隠す

 異なった文化背景を持つ人々との協業の現場では、できるだけ摩擦を避け、円滑に業務を進めことが求められる。その一方で人をどう育てるかも重要な課題です。優秀といわれたナショナルスタッフが期待したほどの結果を出せないことは、特にアジアでは多く、必要なレベルまで引き揚げるための人材育成が求められています。

  しかし、日本人と同じようには理解しないナショナルスタッフに対して、一方的なやり方の押しつけをしても、ほとんど効果はありません。「分かりました」という返事が、あてにならないことは、多くの海外駐在経験者が経験しています。「砂地に水をまく様に、人材育成は投入しても結果に繋がらない方が多い」と諦め気味の声も。

  そこで重要になるのが、相手に適した指導法を見つけることですが、技術系の様な世界共通言語である数学や科学を共有できる分野でも、文化を超えた共通理解は容易ではありません。実際、ほとんどの従業員が理系という職場でも、「指示したことを期限までにやらない」「進捗共有がまったくできていない」などが不満の声が聞かれます。

  その背景には、相手そのものを深く理解し、適切なアドバイスや指導をすることは容易でないという問題があります。日本人同士でさえ、今では共有も共感も難しい時代、異文化では何倍も相手を理解することは困難です。同じ単語も、ある国の人にはポジティブでも、他の国の人にはネガティブに受け止める可能性があります。

  そこで重要になるのが、聴き上手になること。「聞く」は受け身ですが、拝聴する意味での「聴く」は、主体的に相手のいうことを深く理解しようという強い意志が根底にあります。具体的には双方向のフィードバックを繰り返すことですが、フィードバックも結果的に行動に反映さえなければ、相手にとっては理解されたことになりません。

  では、聴き上手の初歩は何かいえば、自分の意図を伝える前に相手の理解に徹するということ。日本の優秀なリーダーほど、適切な指導や指示を急いで出す傾向にあります。最小限聞いて、自分の指示や提案をしまう。優秀だから、そのアドバイスも指示も適切なのですが、相手が日本人出ない場合は、聴くことを軽視し、指示を急いで出すことは誤解を招くことになりかねません。

  人間は本来、自分が理解されたという満足感がなければ、相手の意見は受け入れず、モティべーションも高まりません。それに最新の有効な指導方法は、相手が日本人かどうか関わらず、仕事をする本人が自ら気づき、自ら考え、本人自身行動に移すことを施すコーチングの時代といわれています。指導者は支援者であるいう姿勢に徹することが重要です。

  指導者は、自分の能力があることを示し優位に立とうと考える場合が多く、部下が聞く質問には全て正解を持つ必要があるとの思い込みが、特に日本のリーダーには強いといわれています。しかし、部下本人が気づく前に答えを出してしまえば、部下は思考停止し、自分で答えを出せなくなってしまいます。

  そこで、相手に気づきをもたらす適切な指導をするためには、聴く姿勢が重要なわけです。そのためには自分の見方や考え方を一切表に出さず、「私は何も知らない」という姿勢で、相手に教えてもらうという態度に徹することが重要です。つまり、脳ある鷹は爪を隠す姿勢です。

 コラム82 11・15・2018記 

グローバルマネージメント研修講師
「週刊東洋経済」,「正論」,「新美術新聞」など多数執筆経験のある
国際ジャーナリスト。
フランスのビジネススクールでグローバルマネジメントの教鞭を取る。
グローバル人材育成研修の研修先は大手自動車、銀行、メーカー、商社、外資系企業など多数。
著書『日本の再生なるか』(財界通信社)、『下僕の精神構造』(中経出版)、訳書『愛するモンサンミッシェル』(ウエストフランス社)。

グローバル人材育成研修

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語教室・スクールTOEIC® L&R TEST
スクール・教室
法人向けレッスン
TOEICオンラインLIVE

東後勝明先生からの推薦文Message


 アイザックは、長年語学教育に携わった私から見て、本当に理想的なシステムになっていると確信します。その際立った特色は3点あります。

 第1に、会話の短期上達を目標に“十分な会話の量”を重要視し、確保していることです。そのためには、コミュニケーション重視の出来る限り少人数のクラス、あるいはマンツーマンレッスンを提供しています。

 第2は、カリキュラムについてですが一つの理念と方法に特化するのではなく、目的に応じて、その目的に最も相応しいものを適宜選び取り進めているころです。

 第3に多言語への広がりを重視し、今や「英語は当たり前」もう一つは「現地語」の時代です。英語に限らず様々な言語について資格試験を行っていますが、アイザックではTOEIC(R)、TOEFL(R)対策など、カンパニーレッスンはもとより、受験、就職向けにレベルに合った対策を行っています。

 そして、三つ目の特色は、たぐいまれに見る優れた講師陣です。私が講師研修などでお会いした講師の皆さんは日本語も堪能で、豊かな人間性と教養の持ち主で、教えることを自分の大切なミッションと考えている人ばかりでした。

 その様な訳でアイザックは時代の要請にあった素晴らしい本格的な総合語学教育機関です。

東後勝明先生
アイザック語学教育特別顧問
東後勝明

兵庫県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学専攻科修了。ロンドン大学大学院教育研究科修士課程修了、博士課程修了。英語音声学、英語教育学専攻。早稲田大学教授、2008年定年退職、名誉教授。1972年~1985年9月、NHKラジオ「英語会話」の講師。英語学・英語教育に関する著書30冊以上。

メディア掲載情報Media Infomation

アイザックのメディア掲載情報

アイザックは、テレビドラマ・ドキュメンタリーへの制作協力経験が豊富です。

また、数多くの雑誌や新聞にも取り上げられています。

→ メディア掲載情報はこちら

受講生の声Student Voice

アイザック-受講生の声

アイザックは、受講生の方々から高い評価を頂いております。

受講生の方々のご感想や講師との記念写真をご確認ください。

→ アイザック受講生の声はこちら

アイザック講師紹介About Teacher

アイザック講師紹介

アイザックには、NHKテレビ・ラジオ講座の経験講師が多数在籍しています。

日本語が堪能なネイティブスピーカー講師が、言語だけでなく、その国の風習・文化についても丁寧に教えます。

→ アイザック渋谷校の講師紹介

→ アイザック名古屋校の講師紹介

→ アイザック大阪校の講師紹介

法人向け研修Business Persons

アイザック法人向け研修

アイザックは留学・海外赴任者16,000名の受講実績 並びに 企業・官公庁・学校法人1,500社様との研修導入実績がございます。

→ アイザック法人向け研修はこちら

お問合せInquiry

お問合せ・無料体験レッスンのお申し込みはこちらです。

資料請求

各種資料のPDFを、メールにてお送りします。お問合せ先のスクールを選択してください。

各種資料を郵送にてお送りします。最寄りのスクールを選択してください。

体験レッスン

最寄りのスクールを選択してください。